宮崎県の新築・注文住宅は自由設計のニシヤマホーム

冬暖かく・夏涼しい 高気密高断熱の家 

お客様専用ダイヤル  0120-15-2480

~現場便り~

モデルハウス建築工事


ニシヤマホーム新モデルハウスの建築過程です。
完成見学会ご予約受付中です♪

2021年3月 新モデルハウスの建築工事が始まりました。


地盤をならし、基礎工事のスタートです。

まずは土台作りです。


防湿フィルムを敷き、その上に鉄筋を一本ずつ組み、基礎配筋を行っていきます。

コンクリートを流し込むための枠を組み立てていきます。

コンクリートの基礎内にはアンカーボルトを施します。


流し込んだコンクリートがしっかりと固まったら型枠を外していきます。

基礎の上に土台を敷いていきます。
基礎との間には床下喚起のためのキソパッキンを入れています。

基礎と土台の間には鉄製の束を入れ、強度を増します。

床断熱材を敷きこみます。
更に気密のためにテープで隙間を埋めます。

2021年5月 いよいよ上棟の日。


この日は大工が総出で一気に屋根までつくり上げます。

クレーン車との息を合わせて作業が進みます。どんどん家の形が見えてきます。


屋根の形も見えました。上棟も終盤です。

上棟完了しました!
梅雨に入り、雨対策のためブルーシートで覆っています。

内部も梁、金物補強で長年安心して暮らせる建物に。

屋根には防水シートも張られ、これから室内大工工事がスタートです。


窓の大きさに合わせて窓枠をつくります。

二階バルコニー部分。
防水のため何層にも丁寧な塗装が施されます。

家を支える大事な柱には防蟻処理もしっかりと。


インナーガレージのある住宅です。

発泡吹付断熱を施工中。

柱、外壁との間を断熱材で隙間なく埋められました。


断熱材の上から貼っていく石膏ボードはホルムアルデヒドを吸収してくれるハイクリーンボードを使用。

外壁は防水シートが全面に貼られています。

断熱の役割も兼ねた塗り壁の下地材が貼られました。


配線、換気扇ダクトが施されました。大工さんが内装の細かい部分を仕上げていきます。

stoの塗り壁材が準備されました。

凹凸を整えて、塗り壁の下地づくり。ネットを貼りひび割れを防ぎます。


鉄骨の階段枠が運ばれ取り付けられました。重いので慎重に、大人4人がかりです。

キッチンが取り付けられました。キッチン上部から横の壁にはタイルが施されています。

収納スペースの枕棚を取り付けています。大工仕事も終盤です。


下地処理が終わった外壁は塗り壁材stoで仕上げ作業が進みます。

インナーガレージから玄関までは雨の日でもぬれずに移動ができて安心です。

室内はクロスを貼る下地処理が始まりました。釘の後も一つ一つ凹凸を整えていきます。


下地処理の後はクロスが貼られていきます。

2階天井部分は天然木が貼られ、ナチュラルで落ち着いた雰囲気に。壁の一部分は塗り壁でアクセントをつけています。

一階リビングには小上がりの畳スペースに引き出し収納が取り付けられました。

塗り壁の仕上げも終わり、足場が外されました。

広々とした玄関土間スペースにはオープンな収納棚が取り付けられ、見せる収納に。

二階バルコニースペースはワクワクする空間に!


二階には広めの個室がつくられました。仕切りをつければ二つの子ども部屋にも。プライバシーも守られた自由な空間です。

こちらはサブキッチン。タイル張りでスタイリッシュに仕上げられました。

水回り用品の設置も完了していきます。


バルコニーには樹脂製ウッドデッキが貼られていきます。

コンセントカバーの色はクロスの色に合わせました。

照明機器も取付が終了しました。


プロのコーディネーターに入っていただき、室内装飾が施されました。

キッチン背面には造作のカップボードを配置しました。

バルコニーは非日常の空間に!
お家時間が楽しくなる仕掛けが盛りだくさんです。


新モデルハウス完成!!


都城市川東町に新しいモデルハウスがオープン!

当社オリジナル仕様「COZY]の心地よさをぜひご体感ください


見学のお申し込みはお問い合わせフォームまたはお電話にて受付しております